選びながら生きていく☆

女性☆主婦☆子供を持つ親☆趣味のネイル この4つの視点で「なぜそれを選んだか?」を元に経験談・おすすめ情報を発信中♪めざせ!わたしらしいステキな大人女性♡

MENU

旦那さんの実家に帰省しない!!主婦が決めた。決断までの経緯とは?

こんにちは♪【やまち】です。


お盆前や年末になるとママ友の間でよく話題になる、旦那さんの実家への帰省問題(笑)


自分の実家には1週間帰るけど、旦那さんの実家は一泊だけ!と一泊二日は頑張って我慢するお友達や、
旦那さんの実家への帰省は修行だ!と僧侶のごとく腹をくくってる友達など(笑)


それぞれ自分の気持ちに折り合いつけて頑張っているお友達がわたしの周りにはたくさん。


わかる!わかるよ〜。



好き好んで旦那さんの実家に帰りたい人なんていないよねー。
(好き好んで帰りたい人がいたらすみません。でもそんな人はこのタイトルのブログは覗きにこないかな。)


たまーに、「わたしは自分から好んで旦那さんの実家に行くよー」なんて話も聞くけど、
「ほんまに?本心からそう思ってる?」なんて思ってしまいます(笑)


旦那さんの実家、帰る?帰らない?わたしの選択は。

そんなわたしはというと
旦那さんの実家には帰省しないと決めてます!!

世間一般的には声高に自慢できる話ではないんでしょうけどね。


でもこういう選択肢があってもいいよねと声を大にしていいたい(笑)


だって行きたくないんやもん。

この選択に至った経緯

わたしは世間様から
大人げないと言われても
悪い嫁だと言われても



いい嫁気取って、いろんなところに気を配ってお手伝いして
作り笑いして、たいして興味もない世間話に付き合って(笑)


それを苦じゃなく、心から楽しい or はたまた、それをすることもたいして気にならないわ!って性格だったら、何も考えず、世間一般的にはそういうもんだし。くらいで義実家も行きますが、


残念ながら、わたしはいろんなことが気になってしまうのです。


パスタにご飯(ライス)が一緒に出てくる?!
とか、年末の31日にチャーハンなん?!とか(笑)
嫁だからって『あんた』って呼ばないでよ!とか。
それをやんわり旦那さんに伝えたら今度は名前呼び捨てって!?とか。


育った環境の違いで感覚のズレってどうしてもありますよね。


ただでさえ、うちは旦那さんとわたしは性格が正反対。もちろんそういう違いがおもしろくて結婚はしましたが、生活するとなると話は別。ちょっとしたことのすれ違いでケンカが絶えない夫婦なのに。



そのまた上の旦那さんが育ったお家の人とうまくやるなんて、やっぱり無理なのです。


結婚当初はがんばったわたし

そんなわたしも結婚当初はうまくやろうと思ってたんですよ。
というか、うまくやれると思ってた。
わたし、人付き合いに関してはそんな不器用なタイプじゃないし♪とまで思ってた。



だから、最近は行きましたよ。
1人でも。
わたしは結婚してすぐに子供を授かったので、
最初の年末帰省はすでにお腹が大きく
旦那さんは仕事の都合で帰れないからと
妊婦のわたし1人でね。


今思えば、それさえも
妊婦のわたしに1人でもいいから来てっていう?!的な話なのですが。。



わざわざ電車に乗って、大きいお腹かかえて歩いて行って、、、


半日いた義実家でやっていたことは
ずっとソファーの前に座ってテレビ見てただけ。


お腹が辛くても横になることも出来ず、テレビのチャンネル権があるわけでもなく。
話したいことがあるわけでもなく。
もちろん話が続くわけでもなく。


今でもあの時間はいったい何だったんだろうと思います。




仕方ない。こんなもんなんだろう。とわかっていても腑に落ちない感覚はありました。


最大の決意ポイントはここだ!!

そして最大のズレは
子供の産後に起こりました!



初めての出産で不安だらけでわたしも過敏になっていたのかもしれませんが、
許せないことが多すぎて
あわや義実家が原因で、『離婚だー!!』騒ぎに。。


うちの場合、旦那さんはやっぱり自分の親の味方だったんですよねー。
それも辛かった。


もちろん自分の親が大事なのはわかりますが、旦那さんがうまく間に入って自然と仲を取り持たないとうまくはいかないのです。


それができなかった旦那さん。


そういう性格だとわかっていても
心底『そう出てくるかー!?』と理解に苦しみました。


(息子ができた今。
将来は絶対何があってもわたしではなく自分の奥さんの味方になるんだよ。と教えたい!)


そしてわたしは決めたのです。


ある人の言葉をきっかけに。


『離婚だー!!』騒ぎになっていたとき、
ある人に相談に乗ってもらっていたのですが、



「結婚したからって義実家とうまくやって行こうと思わなくていいんやよ。」


そうか。。。
うまくやろうとしてたから無理があったんだなと。


わたしの中に、『だってお嫁さんとはそういうものでしょ。』とか『子供におじいちゃんおばあちゃんと会う機会は必要よね。』とか


わたしの気持ちとは別のところの感情で動いてました。



『わたしの気持ちが置き去りだったな。。』



「まずは、今の自分の気持ちのままに
義実家行かなくていいんだよ。」



そういってもらったのです。


その後押しの言葉から自分のほんとの気持ちに気づきました。
『そういえば最初から心の中では嫌だなと思いながら行ってたな。。』


その結果

自分の本当の気持ちに気づき
わたしはそこから義実家には行っていません。



お盆や年末年始。
みんなが義実家の帰省で憂鬱になってる時でも、わたしはルンルン♪
自分の実家に帰るだけですから、もう楽しみで仕方ない♪


あの時無理にいい嫁気取ってがんばらなくてよかったなって思っています。


今ではもちろん義実家からお呼びがかかることはなく、
子供と旦那さんだけで帰るので、あちらはあちらでその方が楽しくやってるご様子で(笑)


本心はわかりませんが、
義両親としても、嫁に会いたいというより
自分の息子と孫に会えたら満足なのでは。とさえ思います。


なんだ。
やりたくないことは無理にやらなくてよかったんだな。
と心底思いました。



〜するべき
〜しなくてはいけない


に振り回されることなく、やりたいことだけやる。
もしやりたくなくてもやらなければいけないことがあるならば、少しでもやりたいと思える方向に持っていく。


そんな人生を歩みたいわたしです。

まだまだ志半ばですけどね。


わたしと同じ思いを抱いている方。
もしかしたら、義実家に行かないという選択をしてもさほど何も悪いことは起こらないかもしれませんよ♪


義実家に行かないというのもただの選択肢の一つです♪
それを選びたいと思ったら
ほかの不安要素は取っ払って選んでみるのもいいかもしれません。

この本を読むとやりたくないことはやめようって気にさせてくれます♡
その方が人生うまくいくらしい!

義実家にイライラさせられてるならこちらの本もおススメです☆


まずは今の気持ちを大切に
憂鬱な義実家への帰省から少しでも解放されますように。

おまけ

最近では、いずれ、わたしもまた行きたい。行ってもいいかななんて思える日が来るかもしれないな。なんて
そんな風に思えるまでになってます。
まだまだ数年は行かないと思いますけど(笑)。


やりたくないことを無理に続けているよりも
やりたくないことはスッパリやめると気持ちに変化も起こるのかなと思っています♪



専業主婦ランキングに参加しています。
これを読んでなにか心に変化がありましたら、ポチっと応援クリックお願いします♡


専業主婦ランキング