選びながら生きていく☆

女性☆主婦☆子供を持つ親☆趣味のネイル この4つの視点で「なぜそれを選んだか?」を元に経験談・おすすめ情報を発信中♪めざせ!わたしらしいステキな大人女性♡

MENU

東大生も読んでいた⁉︎【とけいのほん】読み聞かせながらとけいのお勉強をしましょ♪


こんにちは♪【やまち】です。


今日は子供の時計の勉強のお話。


時がくれば読めるようにはなるとは
思っているので
焦って教え込むつもりは
これっぽっちもないのだけれど


子供が時計を読めるようになってくれれば
子育てがちょっとは楽になる
そんな気がします。


「何時までにこれしてねー♡」や
「後、10分で出かけるよ!」など


なんとなくでもいいから、
わかりだしてくれると生活が
スムーズにいきそうな気が
しますよね(o˘◡˘o)


そんな我が家が取り入れた
絵本の読み聞かせでとけいに親しんで
もらおうという考え。


そこで使った絵本。
今日はそのご絵本を紹介させてください♪

東大生も読んでいた⁉︎ロングセラー【とけいのほん】のご紹介☆読み聞かせの一冊におすすめです。

先ほどもお話しましたが
わたしは子供に特別焦ってとけいの読み方を
教えるという考えは持っていないタイプの
親でした。

小学生になると習うだろうし。

そもそも親が子供に何かを教えるのって
意外と難しい。
期待感が大きすぎてすぐに
イライラしてしまいがちだし。笑


でも幼稚園に行き出すと
早い子では、自分から興味を持ちだし
年中さんくらいからとけいが読めちゃう子が
いるんですよね。


そっか。
早い子ならもうとけいも読めちゃうのか。


なんて思いながら
そのお友達ママに話を聞いていると


『とけいが読めると楽だよー』
『何時までに、家を出るよ!なんて話ができるし〜』


それを聞いたわたしは
わたしの子育てが少しでも楽になるなら
教えてみてもいいかな♪なんて
思ったものです。


でももうすでにこの頃から
我が子に何かを教えるのって意外と
難しいと感じていたわたしは
何かいい方法がないかと思って
探したところ、たどり着いたのが
この絵本でした。

何ごともそうですが
子供であっても本人が興味がないと
覚えるものも覚えないですよね。


なので、まずはとけいに興味を
持ってくれたらそれでいいなと思いました♪


絵本なら読み聞かせの中の一冊に
取り入れれば自然と興味を持ってくれるかな
と思いさっそく購入しましたよ。


【とけいのほん】ってどんな本?

【とけいのほん】には①と②があります。

まずは①からチラリとご紹介。

とけいの針の
ちびとのっぽがでてきます。

ふたりでさんぽに出かけると
どんぐりぼうやが通せんぼ。


なんじかおしえてくれたら
通してあげるよ。

ちびとのっぽがどんぐりぼうやに
とけいをおしえてあげることに。


まず ちびをみて
それからのっぽをみる。

こんなときは『7じ』って言うんだよ。

のぼり坂になったよ。
ちびは8から9に行っただけ

のっぽはぐるりとまわったよ。

なんじになったかな?


こんな風に繰り返しとけいの読み方を
おしえてくれます。

何回も読み聞かせをしていると
質問形式になっているところもあるので
子供もわかってくれば
次第に絵本に答えるように
とけいが読めるようになっていきました。


後半は

ひかりのぼうやが通せんぼ

ちびとのっぽはひかりのぼうやにも
とけいをおしえます。

ここでは
◯時半というところまで
おしえてくれます。


【とけいのほん】①はここまでです。


そして、②へ続きます。

②ではおばけのぼうやが登場して
今度はカードを使い5ずつの数字を
おしえてくれます。

カードを5ずつ並べよう

カードは12から数えるんだよ。

7のところまででいくつ?
ぜんぶでいくつかな?

じこくは9じ35ふん。

カードが17のところまできているね。

じこくは10じ17ふん。


こんな感じで

②では何分というところをメインに
教えてくれます。

【とけいのほん】を読み聞かせてみての感想は

この絵本の対象年齢は3歳からです。
わたしが娘に読み聞かせを始めたのは
4〜5歳頃だったと思います。


内容的にも①はわかりやすいため
娘の食いつきがよかったです。


すぐにクイズに答えるように
「8じ!!」
「10じ半!!」などと
とけいを覚えていきました。

②の方はというと
①に比べてグッとレベルがあがる感じが
しました。
まだこのくらいの年齢の子供に
5ずつの単位を教えるというのが
難しく、娘も少し苦戦していました。


でも数字に興味は出てきたようで
「これはどういうこと?」って
よく聞かれるようになりました。


あまりこんがらがってもいけないので
わたしはサラッと流す程度に教えてあげ
そのうちわかるよ。くらいにして
おきました。

娘も完全に理解はしてないものの
絵本を読んでもらえるのが
嬉しい様子で聞いてくれていました♪


そんな我が家の娘も小学生になり
とけいの授業は一通り終わりました。

この頃はトンチンカンな質問をしていた
娘ですが
とけいの授業ではつまづくこともなく
すんなり勉強を進めることができたようです。

宿題でもわたしが個別で教えることは
ありませんでした。


自然と絵本でとけいに親しむことができたのが
よかったのかなと思っています。

みなさまのレビューは?

わたしの感想だけでなく
他の方のレビューも少しご紹介して
おきます。

アマゾンさんのレビュー評価では
☆4.1でした(満点は☆5)※2018年2月時点

1973年発売のロングセラーの絵本だけあって
レビューも60件以上ありました。

テレビで東大生がこれを読んで2歳から時計が読めた。と聞いて即購入。
小学校に入学したのに、時間が全然分からない、分かろうとしない息子に読んだら、一回読んだだけで、7時.や4時半が読めるようになりました。息子も嬉しかったらしく、1.2巻続けて3回読まされました。明日も読んでね!と約束して寝ました。長く読まれる本には理由があるんだな、と思いました。

8時、9時といった1時間単位の時間の読み方と○時30分という読み方を教えてくれる本です。子供には非常に分かりやすいようで、時計は一番上が12で一番したが6といった当たり前の所から物語式&クイズ形式での本なので楽しく時計を覚えられるようです。細かな何分とかは2の方で教えているので1と2と合わせて読むのがいいかな、と思います。

4月から小学校に入学する娘のクリスマスプレゼントに、目覚まし時計と一緒にあげました。
最近時計に興味を持っていたのですが、教えるのは難しく、どうしたものかなぁと悩んでいたところでした。
ところがこの絵本を数回読んでやると、「○時」と「○時半」をすぐに理解しました。
続いて「とけいのほん2」を読んでやると、やはり数回で「○時○分」までわかるようになりました。
何ということのない、素朴な絵本なのですが、子供が時計の概念、読み方を理解するのに最適な作りになっています。
絶対におすすめです!
1、2合わせて購入されたほうがいいと思います。

評価が低いレビューとしては
少し早すぎたといった感じのものや
少し単調すぎて合わなかったというものが
ありました。

レビューを見て、また3歳からとあったので買ってみましたが、とても難解でした…。
もう少し大きくなれば理解出来るでしょうか…。

うちの子は飽きてダメだった。
また、しばらくしてトライしたい。

レビュー引用元
Amazon CAPTCHA

最後に

この絵本を読むととけいが読めるように
なるんだ!と過度に期待しすぎると
我が子がまだ興味なかったり
読んでも聞いてくれなかったりすると
期待はずれになってしまうかも
しれません。

ですが、とけいに親しむ・興味をもってもらう
初めのツールとしては入りやすく
とてもおすすめできる絵本です。

3歳ころから読み聞かせを始めるには
【とけいのほん①】だけでもいいかと
思いますが、
①の最後には②へ続くという
文言が書かれているため
①を読めば自然と②も気になる構成になっています。

3歳では②の内容は難しいと思いますが
小学校入学前ころには
理解できるようになりますので
そのうちわかるようになるという
気持ちで一緒に購入されてもいいと思います☆


堅苦しく子供と面と向かって何かを
教えるってお互いに構えてしまったりと
うまく事が運ぶものも
うまくいかなかったりしますが

えほんを使ってさらりと
とけいに興味を持ってもらえるのは
うれしいですよね♪


我が家にはまだ未就園児の弟がいるので
もう少ししたらまた息子にも
このえほんの読み聞かせしていきたいなと
思っています(^_-)-☆