選びながら生きていく☆

女性☆主婦☆子供を持つ親☆趣味のネイル この4つの視点で「なぜそれを選んだか?」を元に経験談・おすすめ情報を発信中♪めざせ!わたしらしいステキな大人女性♡

MENU

ひな祭りレシピ7選!主婦おすすめのひな祭り料理☆


こんにちは♪【やまち】です。


今日は我が家のひな祭り料理の
ご紹介。


少しでも娘の記憶に残るよう
楽しんでもらえるようにと
毎年いろんなお料理で
ひな祭りを楽しんでいます。

そんな我が家のひな祭り料理
のぞいていってくださいね。

ひな祭りとは?我が家のひな祭りレシピのご紹介

まずは簡単に

ひな祭りとは?

ひな祭りは、女の子のすこやかな成長を祈る
節句の年中行事。
ひな人形に桜や橘、桃の花など木々をかざり
ひなあられや菱餅などをそなえ
白酒やちらし寿司などの飲食を楽しむ節句祭りです。

ひな人形の意味は?

昔は紙の人形に災いを託して川に流していたそうです。
ひな人形には子供の紙守り神(お守り)のような
意味があり、
ひな人形は子供にふりかかる厄を
身代わりに受けてくれるとされています。

いつから飾る?

おひなさまを飾る時期は立春(節分の翌日)から
2月中旬にかけてがよいとされています。
遅くてもひな祭りの一週間前までには飾りつけを
済ませるのがベストです。

飾るのを忘れていたからといって
超ギリギリの3月2日に飾るのはNG。
3月2日は宵絶句といって
すでにひな祭りの行事が始まっている日にあたります。
なので前日に飾るのはさけましょう。


我が家は忘れないためにと
少しでも長く飾れるようにということで
節分が終わればすぐに飾るようにしています。

トップ画像写真のお雛さまが我が家のお雛さま。
マンション住まいなので1段飾りで
省スペースなものを選んでいます。


【ひな人形 ひな祭り】 ハローキティ 雛飾りセット

我が家のひな祭りレシピ7選のご紹介☆

せっかく日本に生まれ育ったならば
古くからつたわる行事ごとはなるべく我が子にも
伝えながら子育てをしてきたいなと思っています。

でも、小さい子供になかなかうまく行事をつたえて
理解してもらうのはむずかしい。

正直、親のわたしでも
きちんと由来や意味を理解していない
行事はたくさんあります。


でも、せめてこんな行事があるんだよということだけでも
娘の記憶に残ればいいなと思って
なるべく各行事
簡単ですがいろんな工夫をこらして
伝えています。


当日はなにをする?

ひな祭り当日をむかえるまでに
子供と一緒にひな人形を飾るなどして
ひな祭りを感じてもらうことはできますが

肝心の3月3日当日はどうお祝いしようかと
考えます。

やはり主婦としてママとして
一番できることは
お料理でお祝いを表現すること。


特におひなさまといえば
ちらし寿司やハマグリのお吸い物をたべて
飲食を楽しむお祭りなので
見た目にもたのしい料理をたくさん作ってきました。

我が家のひな祭り料理7選

娘はもう小学生なので
過去数年
毎年ひな祭りのお祝い料理をつくって
きました。

だんだんわたしが楽しくなり
どんどんバリエーション化していった
我が家のひな祭り料理をご紹介します。


まずは、
娘が大人と同じ料理が食べれるようになった頃

このころは至って、普通のちらし寿司を
作っていました。

お見せするほどでもないですが

こちら。

主婦歴も浅く、
初々しい普通のちらし寿司です 。


もともとイベントごとは
大好きな性格。

だんだんこれでは物足りなくなり
クックパッドを検索しては
いろんなひな祭りレシピに挑戦していきました。
cookpad.com

クックパッドを見ていると
ほんとみなさまのアイデアすごいですね!

参考になるものたくさん。

わたしはそういったものを見て
そこからまた自分なりにアイデアを
広げていくのが好きです♡


さっそく
次の年には

ちらし寿司ケーキに挑戦。

当時このようなケーキ型は持っていなかったので
100均の紙の型を使って作りました。

でもこれ、見栄えはよかったのですが
切り分けて食べないといけないため
食べずらい(*-∀-*)
若干見栄えを優先しすぎました。
それもまた初々しい失敗。


そして、翌年
その失敗を元に

それぞれに小さいちらし寿司ケーキを
作りました。
うん!これなら食べやすかったです☆


そのまた翌年はというと
ちらし寿司にはもう飽きちゃって

サーモンを使ったバラの巻き寿司に
挑戦しました。

一口サイズの巻き寿司は
食べやすさも抜群!
これは見た目にもかわいくて
ちょっとお気に入り♡
バラの巻きずし by 彩さん。 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが283万品
参考にさせてもらったレシピはこちら。


巻き寿司は切るまで完成がわからないのが
ドキドキしますが
うまくできていたときの感動はひとしおです。


そして、昨年は

手まり寿司にしてみました。

若干インスタ映えを狙って
(インスタにアップはしてませんが 笑)
おひなさまのイラストをプリントアウトして
飾るなんてこともしてますね♪


娘の幼稚園時代には
3年間おひなさま弁当も作りました。

キャラ弁にはのりパンチが必須です☆

と、まぁこんな感じでいろいろ楽しんできました。

あら?結局わたしが
楽しんじゃってる?という感じもしますが


普段やらないこういった見栄えのいい
お料理を出すと
子供もとっても喜んでくれます。


これだけでにこやかな食卓になり
お祝い感あり、特別感ありな雰囲気に。


どうか娘にひな祭りの記憶が
楽しく刻まれますように♡

こんな記事も書いてます♪
www.yamachi-choose.com
www.yamachi-choose.com
www.yamachi-choose.com