選びながら生きていく☆

女性☆主婦☆子供を持つ親☆趣味のネイル この4つの視点で「なぜそれを選んだか?」を元に経験談・おすすめ情報を発信中♪めざせ!わたしらしいステキな大人女性♡

MENU

【旦那さんとケンカした】そんな時男性にこそ読んでほしいおすすめブログ3選☆夫婦関係修復に役立つかも⁉


こんにちは♪【やまち】です。


先日旦那さんとケンカしました。


何の自慢にもなりませんが、我が家よくケンカします( ;∀;)


性格が間反対なんですよね。


お付き合いのころはそこが魅力だったのですが、一緒に生活する・特に子育てをするとなってからは、その違いすぎる性格にわたしの怒りが爆発します。笑


ほんとマイペースで気が利かない!


もちろん好きで一緒にいてる人なので、なんとか思いに気づいてほしい、わかってほしいと、何度もわたしの思いを言葉にして伝えてきたのですが、ケンカの最中はもちろん、そのあともなかなか冷静になれなかったりで、言葉に怒りの感情がこもりすぎて(はなからケンカ口調で言ってしまう)うまく伝わらないことがジレンマでした。


そんな時、なんとなくネット検索で見つけたブログに、「これ!これ!わたしが旦那さんに伝えたかったことはこれーーー!」と思うブログがあり、それをLINEで送って読んでもらったところ、わたしの言葉で伝えるより、よりわたしの思いが伝わったことがあったのです♪


今回はケンカしたときに『わたしの気持ちを代弁してくれた』旦那さん側にぜひとも読んでほしいブログをいくつかご紹介したいと思います♡



夫婦関係修復に役立つ!?【旦那さんとケンカした】そんな時男性にこそ読んでほしいおすすめブログ3選☆

夫婦ケンカはないに越したことはないのでしょうが、そもそも生まれ育った環境も違う旦那さま。


生活習慣の違いや考え方、男女の差による脳の違い!?なんてものから衝突することは多々ありますよね・・・。


もっと的確に、かつ客観的にわたしの思いが伝えれたらどんなにいいかなって思っていました。


これからご紹介するブログを書かれている方はすべて男性!!


我が家の場合、同じ男性側の立場で発信されているこれらのブログを直接うちの旦那さんに読んでもらうことで、わたしが伝えるより、より旦那さんの心に響いたみたいです♪


旦那という生き物。

まずはこちらのブログ記事。
「こんな旦那いらない!不満だらけ!もう離婚したい!」と思う理由3選!つまらない結婚生活にはもうコリゴリなんです!

www.dannadesu.com

ブログ自体のタイトルも『旦那という生き物。』っておもしろいなって思っていて、さらにこの記事タイトルもインパクト大で目につきました。


そして、これを書いてる方が男性だったんですよね!!


これに一番驚きました。


タイトルからしてわたしみたいに夫婦ゲンカばっかりで嫌だわ。なんていう主婦の方が書いているのかと思いきや、まったく逆の旦那さんの立場でこれを書いていることに衝撃です。


これなら、わたしがいうことは所詮女性側の意見でしょ!としか思ってなさそうな旦那さんにもわたしの気持ちが届くのでは?と思ってそっくりそのまま送りつけました!

家事も育児もすべて妻の負担。そのうえ、何かというと、妻を軽んじるような発言をする。そろそろ、そんな旦那に妻も我慢の限界です!

こんなくだりから始まって、

旦那は、結婚する前には「子供」の立場で、母親に世話になってきました。親元から離れても家事はろくにする機会がないまま結婚し、今度は当たり前のように妻の世話を受けるようになります。

そうそう、いつも旦那さんはお世話される側だから、それが当たり前と思ってない?ってこととか。

旦那が会話などを通じて妻を情緒面でケアすることで、かろうじて妻はもちこたえています。
しかし、「くだらない話は聞きたくない」と、旦那がそれさえもしなくなれば、妻は旦那や子供に一方的にケアをするだけになり、不公平感が強まります。

口を開けば子育てのグチばかりって言われるけど、それを言えるのも夫婦だからなんやけどな。って思っていたこととか。

夫婦関係がうまくいっていないと、家事に対しても「何で私ばっかりが」と否定的な感情ばかりがふくらんでいってしまいます。

夫婦関係がうまくいっていればウキウキでお世話できても、ここが崩れてくると、旦那さんのご飯でさえ作りたくなくなるよ!ってこととかね。笑

「旦那にだけ、ゆとりがあるのが許せない!」
旦那の稼ぎだけではなかなかゆとりのある生活を送ることが難しい今の時代、妻が職を持つことは、生活への満足度を高める要因の一つです。
しかし旦那と同じように働きながらも、なぜ自分だけが一方的に旦那や子供の世話をしなければいけないのか、 特に共働きで働く既婚女性は、このようにに感じることが多いはずです。

わたしは専業主婦だけど、それでも主婦に休日なんてないのに、仕事が休みだからってゆっくりさせてほしいって。
じゃあわたしの休みはどこにあるの?って思うこともね。

結婚生活の理想と現実の差を「こんなものだろう」と楽観的に考えているのは旦那だけ。妻の気持ちは違います。

こんなものとは思ってないない!ストレスフルですよ!


読んでもらいたいくだりがたくさん。
ぜひとも全文読んでみてくださいね☆

「こんな旦那いらない!不満だらけ!もう離婚したい!」と思う理由3選!つまらない結婚生活にはもうコリゴリなんです! | 旦那という生き物。


これと同じことをわたしが伝えようとしてもどうしても感情的な言葉になり、その言い方に旦那さんが反応してしまって、さらにケンカっていう負のスパイラルになるんですよね。。。


なかなか冷静に言葉で伝えるのって難しい。


でもブログ記事なら旦那さんも自分が冷静なときに読めるし、これを書いているのが男性だとわかれば、所詮女性側の意見でしょ!?とは言えないみたい。


うちの旦那さんはこれを読んで、「これはヤバい!おおごとだ!」って気が付いたようでした。笑


他にも興味深い記事がたくさん。
旦那側・妻側どちらの立場で読んでもなるほど!と思うことがあると思います。

かわいく

次にご紹介する記事は『かわいく』という子育て総合サイトで見つけたこちらの記事。

妻がキレる前に最低限やっておくべきの4つのこと
cawaiku.com

じゃあ、いったい旦那さんにはどうして欲しいのか。というのがわかりやすく書かれてありました。

これも読む限りでは旦那さん側が書いてるっぽい!

子供が生まれる前、妻はやさしくて、ケンカもほとんどなかった。
でも、子供が生まれてからというものの、毎日のようにキレられるようになった。
そんな旦那さん多いのでは?!

から始まり、、

筆者自身も、ちょっと油断すると妻からイラっとされることがよくあります。
そんな時は、「こんなに頑張っているのになんで!?」と、こっちがキレたくなります。
ただ、妻は「夫婦」という関係性の中でキレるようになっているのですから、妻の性格の問題とは言い切れません。
やはり、夫にも落ち度が当然あるのです。

絶対うちの旦那さんも「こんなにがんばってるのになんで!?」自分に落ち度はないって思ってそうだったんですよね。
いやいや、気づいてないだけよ。

1.お疲れ様!ありがとう!を言う
やっぱり当たり前のことでも、「ありがとう!」「お疲れ様!」て言われたいんです。
言葉で示してほしいんです。
好きで結婚した旦那からそう言われるのが嬉しいんですよ。

夫婦でなくても人として当たり前のことですよね。でもやっぱり忘れがちなこと。

2.妻の”どーでもいい話”をふんふんと聞いてあげよう
これは、男にとっては苦痛なんですよね。
それは奥様も理解してほしいものです。
目的がない、オチがない、そういう話は正直、男にはきついっす。
ですが、これだけで、妻にとって子育てや家事のイライラをかなり和らげることができるし、今日(明日)も頑張ろうと思えるんですよ。

いや、どうでもいい話だとは思ってないけどね。笑。でも旦那さんからしたらそう感じるかもしれないのは多少なら理解できる。
女性は話をしたいだけなんですよね。
その辺をわかったうえでうまく対処してほしいな。

3.せめて頼まれたことは嫌な顔せずにしっかりやろう
平等に家事、育児をしていれば何も頼まれません。
でも、急に平等をやれといっても、なかなか男性はできません。
そういう文化の中で育ってますから・・・。
男の子はなんでも母親にやってもらえますし、母親は専業主婦か、パートという家庭で育った人がほとんどです。
でもせめて、頼まれたことはやりましょう。
「えー」とか「なんで俺なの?」とかは禁句です。
100倍返しされます。

そんな難しいこと頼んでないんだから、ちゃっとやってくれたらいいのにねっ。
嫌な顔されたらそりゃキレるわよ!!

4.妻の不安や不満に共感する
妻がキレるほど夫婦関係が変わってしまった原因は、妻の不安や不満に対して共感してあげなかったことが度々も続いていた可能性が高いです。
例えば、姑への不満とか、子供の将来への不安とか、特定の家事が苦手で辛いとか・・・。

こんなときは、「たいへんだったね」「大丈夫?」「頑張ったね」といった、相手の気持ちを受けとめて気遣う態度をすることの方が、建設的な解決策を提示するよりもよっぽど心に響くのです。
簡単なようですが、男性は「解決思考」で考える癖がついていて、「共感」は異なる思考回路であるためなかなかできないのです。
だからこそ、意識的に「共感してあげよう」と思って、妻の悩みを聞いてあげることが必要なのです。

男女の思考の違いがあるのはわかるけどね。
だからってそれだけで解決されたってなにも改善はされないよね。


若干、妻側で読むと「妻をこうやってあしらっておけ」的な内容に聞こえなくもないですが、それでもそこを見透かされずうまくやってくれればケンカになる回数は減らせそうですよね!


ぱぱらく

お次は、同じはてなブロガーぱぱらくさんのブログのこちらの記事。
これ読んだとき速攻で旦那さんにLINEで送りました。笑

shiitake1986.hatenablog.com

ここでは主に産褥期の時期にこそ旦那さんがやるべきことが書かれてありますが、わたし的には子育て中(特に子供が幼いころは)ずっと意識していてほしいことだなと思いました。

「産褥期」(さんじょくき)といっても、知らない男性の方が多いと思います。僕も奥さんに言われるまで知らなかったし。
でも夫婦(特に旦那)がきちんと産褥期を理解し、二人で対策を話し合っておかないと、子供が生まれてからずっと夫婦仲良しなんてのは難しいと思っています。

産褥期を知ってもらってこの時期にどんなサポートが必要かきちんと話し合うことで今後の夫婦生活も自然といいものになっていくかもしれません。この時期をひとつのきっかけにしてもいいですよね。

出産直後に夫への愛情はガクッと落ちて、そこから愛情回復グループと愛情低迷グループに分かれると。
そんでその分かれ目が、妊娠・出産・産褥期の夫のサポート次第だと。
入院して絶対安静レベルの状態でさらに寝不足と24h監視でもうすでに死にかけてる奥さんに対して、「いつも通り家事よろしく、赤ちゃんっつっても寝てるだけでしょ?」みたいな対応だとそりゃー愛情回復どころじゃねーわ。殺意わくわ。

殺意ね。笑。わくわく。笑
ヤバい!我が家愛情低迷グループに分けられそう・・・。

上にも書きましたが奥さんはもう自分の事と赤ちゃんの事でもういっぱいいっぱいを通りこしてバーサク状態です。
家事なんぞやってる余裕はありません。全部旦那がやって下さい。
「手伝おうか」なんか言おうものなら殺意抱かれますよ。
ここははっきりしておいた方が良い。夫婦で話し合い、家事の責任は旦那にある事を合意しておいて下さい。
しっかり者の奥さんなんか特に要注意です。責任者が旦那である事をはっきりさせておかないと、旦那が「やってあげてる感」奥さんが「やってもらってる感」を感じてしまいます。

いくらやってもらっても「やってもらってる感」を感じては、そもそもそれがストレスになるんですよね。。


こちらの記事にはぱぱらくさんが普段こなしてるスケジュールが書かれています。
いや、すごい!!
うちの旦那さんどれもしてないよ。。。

ぜひ全文読んでみてくださいね☆
(夫婦仲良し)奥さんを楽にさせればさせるほど、自分が楽になるからオススメ - ぱぱらく


これを読んで何かを感じたうちの旦那さんは、今朝めずらしく、自ら布団をたたみ、子供のおむつを替え、着替えもさせて、朝食のサポートをし、最後はごみをもって出勤していきました!


この自ら動いてくてるのってほんとストレスの感じ方が違います。そしてほんのちょっとのこと(おつむを替えてくれる、着替えさせておいてくれる)で、主婦につかの間の余裕が生まれるんですよね☆


他にもこちらも記事も興味深かったです!

(夫婦仲良し)奥さんを楽にさせればさせるほど、自分が楽になるからオススメ - ぱぱらく
shiitake1986.hatenablog.com

結局は妻が楽になれば、旦那さんも楽になるよね☆


妻側の立場で書いてもどうしてもグチっぽくしか聞こえない気がしますが、当の本人である旦那さん側からこういうことを発信していただけると、『そんなのできる男っているの!?男はみんなできないよ!』なんてことは言えませんもんね。


こういう発信はとっても価値のあるものだと思います。


我が家みたいに夫婦関係改善のきっかけになる夫婦は多いはず!

+++++

これは余談ですか、同じブログサービスを使っているぱぱらくさんは読者登録機能が使えます。
この記事を読んだあと、すぐに読者登録をさせていただいたのですが、ほんとたまたまなのですが、わたしが読者100人目だったみたいです♪

そしてなんとこちらの一つの記事全部でわたしのブログをご紹介していただけました!

shiitake1986.hatenablog.com

するどい視点でわたしのブログを客観的に分析していただき、わたしも自分のブログを見直すいいきっかけになりました。

よければこちらも覗いてみてくださいね♪

最後に

ケンカするほど仲がいいともいうので、我が家もケンカをすること自体は何も問題はないと思っています。


でも正直ケンカって体力も精神力もかなり消耗する。


むやみなケンカをさけるためにもあえて自分の言葉で伝えるのではなく、客観的に書かれたこういったブログを直接旦那さんに読んでもらうことで、スムーズにコミュニケーションをはかるのもひとつの方法かもしれませんね♡


よりよい夫婦関係を築くためのひとつの選択肢になると幸いです☆


こんな記事も書いています♡
いい嫁やめました!もう長らく旦那さんの実家にわたしだけ帰省していません。
でも意外とこの方が義実家といい関係になるかもしれない⁉お話です☆

旦那さんの実家に帰省しない!!主婦が決めた。決断までの経緯とは? - 選びながら生きていく☆
www.yamachi-choose.com