選びながら生きていく☆

女性☆主婦☆子供を持つ親☆趣味のネイル この4つの視点で「なぜそれを選んだか?」を元に経験談・おすすめ情報を発信中♪めざせ!わたしらしいステキな大人女性♡

MENU

行動が遅い子供にイライラ!② そんなわたしが選んだ究極の対策とは??

こんにちは♪【やまち】です。


この記事には
行動が遅い子供にイライラ!①
の前編があります。


よければまず
こちらからどうぞ☆
www.yamachi-choose.com

わたしの考えがガラリと変わった

わたしの娘はとにかく行動が遅いです。
よく言えばマイペース。


どうしてもわたしはその娘の動き方に対して
イライラしてしまうことが多々ありました。


そんな中
わたしが出会ったこちらの子育て本

心屋先生のお母さんが幸せになる子育て <子育ての呪い>が解ける魔法の本

心屋先生のお母さんが幸せになる子育て <子育ての呪い>が解ける魔法の本


こちらは
子育て本にはよくある
How to 本ではありませんでした。


そこが特に興味を引きました。



わたしにとってとても大切なことに気づかせてくれる本になりました。


チラリと
目次を載せてみるとお分かりいただけるかな。


どんな内容の本なのか??


まずは、自分の子供がどういうタイプなのか
見極めるというもの。


そのタイプの見極めを間違えて
子育てをスタートすると、お母さん、子供ともに幸せになれないということが書かれていました。



そして、子供だけでなく、
お母さん自身もどのタイプなのか見極めることも重要です。



タイプを見極めるといっても
分けるタイプは2つ。

簡単に説明すると

《ちゃきちゃきマルチタイプ》と
《お花畑スポットタイプ》のどちらかだということでした。


見極め方はこの本に書いてあります♪


《ちゃきちゃきマルチタイプ》とは
文字通り
何をやらせても比較的
ちゃきちゃきこなしていくタイプ。

周囲の空気、大人の状況をまんべんなく読める



一方
《お花畑スポットタイプ》
周囲の空気が読めない

年齢より幼さを感じさせる無邪気な子
いわゆる天然・マイペースののんびり屋さん

集中すると周りが見えなくなる



こんな特徴があるみたいです。

我が家の場合

わたしは完全に
《ちゃきちゃきマルチタイプ》

娘は完全に《お花畑スポットタイプ》でした。


(ちなみにうちの旦那さんも《お花畑タイプ》、息子はまだ判断ができる月齢ではないから不明だけど、《ちゃきちゃきタイプ》かな?)



このタイプは
一生変わらないんだそうです。



しかも、
お母さんが《ちゃきちゃきマルチタイプ》で
子供が《お花畑スポットタイプ》というのが
一番子育ての悲劇に発展しやすい組み合わせだそうです。


なんとなくわかる気がしました。
過去を振り返っても、わたしと娘では、
発想や時間軸が違いすぎて
そういった意味では分かり合えてない?とおもてることが多々ありました。


悲劇にはなりたくない


たぶんこれまでのわたしは
自分がいいと思ってることを娘にも強要し
押し付けてただけなんですよね。


娘が本当に
わたしがしてる方法がいいとは思っていない?!のかもしれない。
そんな思いが湧いてきました。



例えば、

夕食を午前中に作り終えるわたしは
早く終わって午後はゆっくりできるからいいやん♪
と思っているけど、


もしかしたら
娘は、ご飯を食べるのは夜なんやから
それまでに(直前であっても)作ればオッケー。
そもそもゆっくりしたいなんて思ってないしー♪


くらいに思っているかもしれない(笑)




(※実際の気持ちは
娘にしかわからないので本心はわかりませんが。)

わたしが選んだ究極の方法とは?


これを読んでから
わたしの考えは大きく変わりました。



この本にも書かれてあるのですが
子育ての究極の方法は
『ほっておけ!』ということでした。



ニュアンスを伝えるには、わたしの文章力が足りない気がしますが、
ようは子供のやり方に任せておけ。ということでしょうか。


『失敗はかってでもしろ』にも近いかもしれません。



大人でもそうですが
人は自分がいいと思ったことしかなかなか行動には移せません。


誰かから言われても
体験してみないことには
しっくりこない。実際には理解できない。



子供であってもそれは同じなのです。



究極の愛情とは
大きな愛をもって子供を尊重し、見守ることではないかと思いました。



もちろん
何やってもオッケー!や育児放棄ということではありません。



大きな子育てという枠の中で
最大限やりたいようにやらせてあげる。


そこから自分で失敗を経験し
立ち直り方も学ぶ。


消して失敗しないために先回りするのではなく


1人で立ち直れ!と突き放すのでもなく
立ち直る時、1人では立ち直れそうにないなら
そっと手を差し伸べる。


子供自身が困った!と感じたことがあったのなら、こんな方法もあるよ。導いてあげる。



そんな子育てが理想だと感じました。


最後に どう変わった?わたしの気持ち

最後に今現在のわたしの気持ちの変化はというと。

実際には
娘の行動は何一つ変わってないので
まだまだ娘にイラつくし
早く!早く!という気持ちにはなってしまいます(笑)


(理想と現実ってやっぱり難しい。。。)



でも自分の理想の子育てが見えたことで
前ほど

早くしなさい!
宿題やりなさい!
早くご飯食べなさい!
早く準備しなさい!


とは言わなくなりました。


一番変わったのは
わたしの気持ちと考え方。

前までは
同じ、「早く宿題しなさい!」の声かけをしていても
以前なら
『今すぐしろ!!』の強制の気持ち(笑)。


でも今は
わたしが気になるから
「早く宿題しなさい!」の声かけは出てしまうけど、


娘が今したいと思わないなら【しなくてもいいわ】と思いながら声かけをしていることです。



この気持ちの変化が一番大きい。


おかげでイライラすることが
格段に減りました!!



まだまだわたしの理想と現実の狭間で悩む日々ですが、


わたしと同じ悩みを持たれてる方がいたら
この経験談が役に立つと嬉しいです。



一緒に子育てがんばりましょうね☆



大切なことに気づかせてくれたこちらの本
オススメです♡

心屋先生のお母さんが幸せになる子育て <子育ての呪い>が解ける魔法の本


また娘の行動に変化があったり
わたしの気持ちに動きがあったら
ここに綴っていこうと思います。




毎日笑って子育てができますように♪